操作

トーク

覈求其本釈

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

覈求其本釈 (かくぐ-ごほんしゃく)

問曰 有何因縁 言速得成就 阿耨多羅三藐三菩提。
問うていはく、なんの因縁ありてか〈速得成就阿耨多羅三藐三菩提[1] といへるやと。
答曰 論言 修五門行 以自利利他 成就故。
答へていはく、『論』(浄土論)に〈五門の行を修してもつて自利利他成就したまへるがゆゑに〉といへり。
覈求其本 阿弥陀如来為増上縁。
しかるに覈(まこと)に其の本を求むれば、阿弥陀如来を増上縁とするなり。
他利之与利他 談有左右。
他利利他と、談ずるに左右あり。
若自仏而言 宜言利他。
もし仏よりしていはば、よろしく利他といふべし。
自衆生而言 宜言他利。
衆生よりしていはば、よろしく他利といふべし。
今将談仏力。是故以利他言之。当知 此意也。
いままさに仏力を談ぜんとす、このゆゑに利他をもつてこれをいふ。まさに知るべし、この意なり。
凡是生彼浄土 及彼菩薩人天所起諸行 皆縁阿弥陀如来本願力故。
およそこれかの浄土に生ずると、およびかの菩薩・人・天の起すところの諸行は、みな阿弥陀如来の本願力によるがゆゑに。
何以言之 若非仏力 四十八願 便是徒設。
なにをもつてこれをいはば、もし仏力にあらずは、四十八願すなはちこれいたづらに設けたまへらん。(論註 P.155),(行巻 P.192)

『浄土論』には五念門行が説かれているが、他利ではなく仏力をあらわす「利他」の語で説かれているから、仏の側からの仏力を談じている(今将談仏力)のだとされた。 以下、浄土往生によって速やかに成仏する根拠を、阿弥陀仏の四十八願のうちの、第十八願第十一願第二十二願を引いて証明されている。

三願的証
本願力

  1. 速やかに阿耨多羅三藐三菩提を成就することを得