操作

上求菩提・下化衆生

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

じょうぐぼだい。げけしゅじょう

 「上に菩提を求め、下に衆生を化す」。 (要集 P.903)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

 智慧を以って上は無上菩提を求め、慈悲を以って下は衆生を化し、諸の波羅蜜行を修めて未来に仏果を成就する修行をすること。また、自利、利他の二行円満な菩薩を指し、自利のみの声聞、縁覚の二乗に対していう。『浄土論註』では

菩薩」とは、もしつぶさに梵音を存ぜば「菩提薩埵」といふべし。「菩提」は、これ仏道の名なり。「薩埵」は、あるいは衆生といひ、あるいは勇健といふ。仏道を求むる衆生、勇猛の健志あるがゆゑに菩提薩埵と名づく。(論註 P.50)

という。→四弘誓願
この菩提薩埵(ぼだいさった)(梵語 ボディサットバ bodhi-sattva)の略語である、菩薩という語の大乗的な字句解釈として、菩薩の「菩」は「上に菩提を求める」自利であるとし、衆生を意味する「薩」を「下に衆生を化す」る利他であるとして、大乗の菩薩の語義であるとしたのが「上求菩提・下化衆生」という語の意であろう。

菩薩
四弘誓願