五願開示

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

ごがん-かいじ

 一願建立に対する語。阿弥陀仏の四十八願の中、第十八願にもとづいて善導・法然の打ち立てた念仏往生の法義の内容を、親鸞が第十七十八十一十二十三の真実五願に開き示したこと。
すなわち第十八願の

「たとひわれ仏を得たらんに、十方の衆生、至心信楽して、わが国に生ぜんと欲ひて、乃至十念せん。もし生ぜずは、正覚を取らじ(設我得仏 十方衆生 至心信楽 欲生我国 乃至十念 若不生者 不取正覚)」(大経 P.18)

について、ここに誓われてある(=乃至十念(ないし-じゅうねん))は第十七願、(=至心信楽(ししん-しんぎょう) 欲生我国(よくしょう-がこく))は第十八願、(=若不生者(にゃくふ-しょうじゃ))は第十一願、そして真仏土(=不取正覚(ふしゅ-しょうがく))は第十二、十三願にそれぞれ配当され、親鸞はこれらの願を『教行信証』各巻の冒頭にかかげている。これによって浄土真宗の法義は、総じていえば第十八願、開いていえば真実五願によって成就され回向されたものであることが知られる。(以上『浄土真宗辞典』より)

 御開山には五願開示という直接の語はない。しかし浄土真宗は第十八願を本体とし、行・信・証・真仏土と展開されているところから、先達は第十八願の個々の文に五願の意を配当して考察した。各文によって行・信・証・真仏土の意を第十八願の文によって考察する補助線が五願開示という名目である。善導大師・法然聖人の一願建立の立場と、御開山の五願建立を会通する為であったろうが少しく牽強付会な面もあると思ふ。
 なお、阿弥陀仏の四十八願の中の、第十七願・第十八願・第十二願・第十三願に、最初に着目されたのは『三部経大意』(*)によれば法然聖人であった。御開山はこの法然聖人の意を承けられて、法然聖人が『選択本願念仏集」で示された三経一論(浄土三部経と『浄土論』)(*)──三経一論として『浄土論』を挙げられた法然聖人には『浄土論』についての考察は無い──の指示に従い、天親菩薩の『浄土論』の注釈書である曇鸞大師の『浄土論註』によって、往相・還相という本願力回向の宗義を展開されたのである。 第十一願(必至滅度の願)と第二十二願(還相回向の願)は、『浄土論註』の「三願的証」(論註 P.155)の文によって、正定聚不退と還相回向の本願の意を顕された。