操作

仮名人

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

けみょうにん

 仮名とは実体のないものに仮につけた名という意で、人といっても五蘊(ごうん) (五陰) が因縁によって仮に和合したものであるから仮名人という。 → 五陰 (論註 P.55安楽集 P.230)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

『論註』で『浄土論』に、

世尊、われ一心に尽十方の無碍光如来に帰命したてまつりて、安楽国に生ぜんと願ず。

と、生ぜんと願ず(願生)とある意を、

 問ひていはく、大乗経論のなかに、処々に「衆生は畢竟無生にして虚空のごとし」と説けり。いかんが天親菩薩「願生」といふや。

と「願生」の意を自問自答して、

 問ひていはく、なんの義によりてか往生と説く。

答へていはく、この間の仮名人のなかにおいて五念門を修するに、前念は後念のために因となる。穢土の仮名人と浄土の仮名人と、決定して一なるを得ず、決定して異なるを得ず。前心後心またかくのごとし。なにをもつてのゆゑに。もし一ならばすなはち因果なく、もし異ならばすなはち相続にあらざればなり。(論註 P.55)、(行巻 P.157) で引文 

とある。

トーク:仮名