八万四千の法門

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

はちまんしせんのほうもん

 八万四千は多数の意。仏の説いた教法全体のことであるが、親鸞聖人は本願(第十八願)の法以外の自力方便の教えの意とされる。「化身土巻394頁以下参照」 (行巻 P.169,行巻 P.177, 一多 P.690, 唯文 P.710)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。


『大智度論』25に、仏の救済対象は「淫欲人根」・「瞋恚人根」・「愚痴人根」・「等分人根 」の四種類がそれぞれ二万一千あるので全部を合わせて八万四千といわれる。 [大智度論]