念仏成仏

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

ねんぶつ-じょうぶつ

 阿弥陀仏は、第十八願に「至心信楽(ししん-しんぎょう) 欲生我国(よくしょう-がこく) 乃至十念(ないし-じゅうねん)若不生者(にゃくふ-しょうじゃ) 不取正覚(ふしゅ-しょうがく)。(至心信楽して、わが国に生ぜんと(おも)ひて、乃至十念せん。もし生ぜずは、正覚を取らじ)」と念仏する者を浄土へ生まれさせると誓願されているから、本願を信じて念仏を称え往生することを念仏往生という。
「行巻」ではインド、中国、日本の七高僧と諸師方の論・釈を引かれる。そして最後に法然聖人の『選択集』の結論である三選の文を引かれ、

称名必得生(しょうみょう-ひっとくしょう) 依仏本願故(えぶつ-ほんがんこ)。(称名はかならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑに)(行巻 P.186)

と、「称名必得生」の念仏往生を明かされた。 そしてこの「依仏本願故」の意を決釈して、

あきらかに知んぬ、これ凡聖自力の行にあらず。ゆゑに不回向の行と名づくるなり。大小の聖人・重軽の悪人、みな同じく斉しく選択の大宝海に帰して念仏成仏すべし。 (行巻 P.186)

と、念仏往生とは自力の行ではなく、本願力の回向によって一切衆生を成仏させる「念仏成仏」のであると結論された。法然聖人の示された不回向とは本願力回向のことであるとみられたのであろう。「浄土和讃」で、

念仏成仏これ真宗
 万行諸善これ仮門
 権実真仮をわかずして
 自然の浄土をえぞしらぬ (浄土 P.569)

と、浄土真宗は念仏して成仏する「念仏成仏」の法義であるとされておられる。

御開山は「教巻」で『無量寿経』は、仏の名号を体(教巻 P.135)とする経典であり「一乗究竟の極説」(教巻 P.138)であると決示され、「行巻」では念仏の利益を「大利無上は一乗真実の利益なり」(行巻 P.188) と讃えておられる。
この一乗を承けて、大行である念仏を「一乗はすなはち第一義乗なり。ただこれ誓願一仏乗なり」(行巻 P.195) と「誓願一仏乗」と呼ばれて一乗海釈(行巻 P.195) を開顕されておられる。
この大行である念仏が、あらゆる衆生を成仏せしめる誓海一仏乗の教法であるから「念仏成仏」とされたのであった。→誓願一仏乗

この誓願一仏乗に乗託することを大船に譬えて、大行を顕す「行巻」で、

しかれば大悲の願船に乗じて光明の広海に浮びぬれば、至徳の風静かに、衆禍の波転ず。すなはち無明の闇を破し、すみやかに無量光明土に到りて大般涅槃を証す、普賢の徳に遵ふなり、知るべしと。(行巻 P.189)

とされ『浄土文類聚鈔』では、

いま(ねが)はくは道俗等、大悲の願船には清浄の信心を順風とし、無明の闇夜には、功徳の宝珠を大炬とす。心(くら)(さとり)(すく)なきもの、敬ひてこの道を(つと)めよ。 (浄文 P.484)

と、功徳の宝珠である念仏の法は清浄の信心を順風とする「大悲の願船」である誓願一仏乗の教法なのであった。この大行が衆生の上にとどいて大信となり、衆生の往生成仏の正因となるのである。
『正像末和讃』では、

智慧の念仏うることは
法蔵願力のなせるなり
信心の智慧なかりせば
いかでか涅槃をさとらまし (正像 P.606)
無明長夜の灯炬なり
智眼くらしとかなしむな
生死大海の船筏なり
罪障おもしとなげかざれ (正像 P.606)

と和讃されておられる。

「信巻」大信釈で、

この心すなはちこれ念仏往生の願(第十八願)より出でたり。(信巻 P.211)

と、第十八願を「出於念仏往生之願(念仏往生の願より出でたり)」される所以である。

誓願一仏乗
四法
八万四千の法門
大行・真実行
大信・真実信