操作

利益

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

りやく

 衆生を教化し救いとること。 (往生礼讃 P.679)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

利益

 饒益(にょうやく)()(やく)などともいう。仏の教えに従うことによって得られる恩恵や幸福をいう。これに自利(じり)利他(りた)との二益があり、自利を功徳(くどく)、利他を特に利益とすることもある。またこの世で受けるのを現益(げんやく)(現世利益)、後の世で受けるのを当益(とうやく)(後世利益)といい、あるいはこの世で病気を治し、命を述べ、金銭などを得ることを現世利益(げんぜ-りやく)ということがある。
真宗では真実信心のものが、この世に生存しながらすでに仏となることに定まるのを現益とし、死後浄土へ生まれると共に成仏するのを当益とする。 衆生を利益するのを利生(り-しょう)利物(り-もつ)といい、神仏などの霊験を特に利生ということもある。(仏教学辞典)

「教巻」には、

 それ真実の教を顕さば、すなはち『大無量寿経』これなり。
この経の大意は、弥陀、誓を超発して、広く法蔵を開きて、凡小を哀れんで選んで功徳の宝を施することを致す。釈迦、世に出興して、道教光闡して、群萌を拯ひ恵むに真実の利をもつてせんと欲すなり。
ここをもつて如来の本願を説きて経の宗致とす、すなはち仏の名号をもつて経のとするなり。(教巻 P.135)

と『大経』は真実の利を説く経典であるといわれている。
この真実の利益とは、

 ゆゑに『大本』にのたまはく、「仏弥勒に語りたまはく、〈それ、かの仏の名号を聞くことを得て、歓喜踊躍して乃至一念せんことあらん。 まさに知るべし、この人は大利を得とす。すなはちこれ無上の功徳を具足するなり〉」と。(行巻 P.188)

とある〔なんまんだぶ〕を称え聞く「大利」であった。

真実の利
現当二益
現生十益
正定聚
補註6(摂取不捨)
現世利益讃