操作

名号画像

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

浄土真宗は、「名号」を本尊とする特異な本尊論を有している。ただ親鸞聖人は著述の中で本尊という言葉を一切使用していないことに注意しなければならない。生涯一寺も持たなかった親鸞聖人にとっては、いわゆる本尊論の論争は無意味である。
そもそも「法身はいろもなし、かたちもましまさず。しかれば、こころもおよばれず、ことばもたえたり」(唯文p.709) とされた「尽十方無碍光如来」を具象化することは不可能である。このことを忘れて本尊論を論ずるならば御開山親鸞聖人の(おこころ)と違うものが出てくるであろう。親鸞聖人には『尊号真像銘文』という「尊号」や「真像」を讃嘆する書がある。しかし本尊とされたのではなかった。「帰命尽十方無碍光如来」と記されても「尊号」と記しておられるのであった。この伝統の上で浄土真宗の門徒の仏壇の絵像には「方便法身尊像」とか、南旡阿弥陀仏の名号には「方便法身尊号」と裏書するのが常である。法性法身が具象化した方便法身として、木像、絵像、名号という形態をとって我々に浄土の真実を告げるのである。家のじいさんは、「真実は真実だけでは真実にならん。真実は真実ならざるものを通して真実を顕す。これがほんまもんの真実じゃ」と、常々言っていたが、我々は方便(善巧方便)を通して浄土の真実を知るのであった。
そのような意味に於いては、木像や絵像や名号は浄土の真実を知らせる方便であり、これに拘泥することは、御開山のお示しと違うといっても過言ではなかろう。ましてや勝他の為に本尊論を論ずる派外の輩においておや。
ともあれ蓮師の時代には『観経』華座観を釈した『観経疏』の立撮即行(定善義 P.424)を具象化した形像本尊よりも文字(言葉)としての簡便な名号を重視したのであった。『御一代聞書』には「一 蓮如上人仰せられ候ふ。本尊は掛けやぶれ、聖教はよみやぶれと、対句に仰せられ候ふ。」(一代記 P.1233)とあるが当時の門徒は在家の家々を持ち回りで講を営んでいたから、持ち歩きに簡便な名号本尊を講を勧める意で掛けやぶれといわれたのであろう。
 なお蓮師は「木像よりは絵像、絵像よりは名号といふなり」(一代記 p.1253) とされておられたのは、木像や絵像などの形象は来迎を想起させるからであろう。浄土真宗は平生業成宗旨であり、浄土門異流の説く来迎を想起する図像に固執させないためのご注意であろう。また、より正確にいえば、名号とは字ではなく凡夫の口先に称えられている、可聞可称の、なんまんだぶこそが我々の本尊(名体不二)である。そのことを寺院の木像や門徒の家々の仏壇の絵像、名号(南無阿弥陀仏)に依って知らしめられのであった。
その意を御開山は、元照律師の『弥陀経義』の文を引文し、

我弥陀 以名接物。是以耳聞口誦 無辺聖徳攬入識心
わが弥陀は名をもつて物を接したまふ。ここをもつて、耳に聞き口に誦するに、無辺の聖徳、識心に攬入す。p.180

の、耳に聞き口に誦する可聞可称の名号法が御開山が示された往生浄土の真宗である。御開山が「破闇満願釈」で、

 しかれば名を称するに、よく衆生の一切の無明を破し、よく衆生の一切の志願を満てたまふ。称名はすなはちこれ最勝真妙の正業なり。正業はすなはちこれ念仏なり。念仏はすなはちこれ南無阿弥陀仏なり。南無阿弥陀仏はすなはちこれ正念なりと、知るべしと。(行巻 P.146)

と示して下さった名号度生の「誓願一仏乗」のご法義であった。名号本尊とは、我々に「本願名号正定業」の「正定業」である、なんまんだぶを御催促するためであったのである。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

親鸞聖人の仏身論
垂名示形
名体不二
名号度生
参照WEB版浄土宗大辞典の「本尊」の項目

6ji.jpg Ouji10ji.jpg

Namo10ji.jpg Bokuseki10ji.jpg

Konji10ji.jpg 8ji.jpg