操作

四十八願

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

しじゅうはちがん

 阿弥陀仏が(いん)()の法蔵菩薩の時におこされた四十八種の誓願。

正依(しょうえ)の 『大経』や 『如来(にょらい)()』では四十八願となっているが、『大阿弥陀経』や 『平等覚(びょうどうがく)(きょう)』では二十四願、また 『荘厳経(しょうごんきょう)』では三十六願となっている。 法然上人は四十八願の根本を第十八願として、この願を王本願と名づけられた。 →本願 (ほんがん)。

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。