本願

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

ほんがん

 梵語プラニダーナ(praņidhāna)またはプールヴァ・プラニダーナ(pūrva-praņidhāna)の漢訳で、以前からの願いという意。菩薩が因位(いんに)の時におこした衆生(しゅじょう)救済の誓いをいう。また衆生救済のためのまさしく根本となる願。阿弥陀仏の四十八願中、とくに第十八願を本願と称する。→ (がん)、弘誓 (ぐぜい)、誓願 (せいがん)、補註17


 ここでは、来迎(らいこう)引接(いんじょう)を誓った第十九願のこと。 (要集 P.856)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。


外部リンク

wdm:ほんがん