操作

真実信心

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

しんじつ-しんじん

  阿弥陀如来より衆生に与えられた本願力回向(えこう)の信心。→ 補註11

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

しんじつ-しんじん 真実信心

 阿弥陀仏より衆生に与えられた本願力回向の信心。阿弥陀仏から回向された信心であるから大行ともいい一心ともいう。「信巻」には、

疑蓋間雑なきがゆゑに、これを信楽と名づく。信楽すなはちこれ一心なり、一心すなはちこれ真実信心なり。(信巻 P.231) とあり、信楽ともいわれ、無疑心のことであって、疑心なく本願の名号を領受した心をいう。

これは大行である名号のはたらきが衆生にまさしく至り届いたすがたとされる。『唯信鈔文意』には

「選択不思議の本願、無上智慧の尊号をききて、一念も疑ふこころなきを真実信心といふなり」(唯文 P.702)

『歎異抄』第6条には

「如来よりたまはりたる信心を、わがものがほに、とりかへさんと申すにや」(歎異抄 P.835)

等とある。なお、親鸞は歓喜や慶喜の語を真実信心の異称として用いることがある。『浄土和讃』には「一念慶喜するひとは 往生かならずさだまりぬ」(註 561)『高僧和讃』には「 一念歓喜するひとを かならず滅度にいたらしむ」(註 585) 等とある。(浄土真宗辞典)


204,231,252,494,495,560,567,576,586,592,605,607,608,610,626,644,647,667,670,671,672,673,679,683,701,703,707,712,713,721,722,735,748,758,760,761,778,794,797,803,859,963,964,1027,1036,1037,1086,1088,1103,1114,1116,1150,1162,1171,1172,1178,1180,1202,1222,1244

信心
仰信