操作

無疑心

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

むぎしん

 無疑心とは、信楽(しんぎょう)を領受した心で、疑いの心の無いことである。不疑心といふ疑わない心の意ではない。
御開山は「本願成就文」で、

しかるに『経』(大経・下)に「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これをといふなり。「信心」といふは、すなはち本願力回向の信心なり。(信巻 P.251)

と、疑心あることなし(無有疑心)とされておられた。→疑蓋
『一念多念証文』には、「本願成就文」を釈し、

「聞其名号」といふは、本願の名号をきくとのたまへるなり。きくといふは、本願をききて疑ふこころなきを「聞」といふなり。またきくといふは、信心をあらはす御のりなり。「信心歓喜乃至一念」といふは、「信心」は、如来の御ちかひをききて疑ふこころのなきなり。(一多 P.678)

とある。
この無疑心とは、疑ふこころなきで、疑いがない心があることではない。無疑心とは無い状態を示す語である。では、何があるかといえばがあるのである。にあることを信心信楽)というのであった。

不疑心