操作

随自意説

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

ずいじいせつ

 仏がみずからの本意に随って説いた教え。(真巻 P.355)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

仏が法を説く場合、自分のさとりのままに説くことを随自意説(自意に随って説く)という。また相手の考えに順応して説くことを随他意説(他意に随って説く)といい、相手の考えに応じて説くことが仏のさとりに反せず、相手の意と同一の説き方を随自他意説(自他意に随って説く)という。(涅槃経 迦葉菩薩品之二
仏教の教説を分類批判する時は、真実の教えを仏自分の本意にかなっているから随自意説といい、本意にかなわない権仮方便の教えを随他意説という。
『選択本願念仏集』では、

まさに知るべし、随他の前にはしばらく定散の門を開くといへども、随自の後には還りて定散の門を閉づ。一たび開きて以後永く閉ぢざるは、ただこれ念仏の一門なり。弥陀の本願、釈尊の付属、意これにあり。行者知るべし。 (選択集 P.1273)

と、『観経』で韋提希の要請(随他意)によって定善・散善という法門を説かれたが、釈尊の意(随自意)によって定散の門を閉じ、阿弥陀仏の本願念仏の一門を付属されたとする。『観経疏』名号付属に、

上来定散両門の益を説くといへども、仏の本願に望むるに、意、衆生をして一向にもつぱら弥陀仏の名を称せしむるにあり。(散善義 P.500)

とあるからである。→念仏付属

なお、古来から『阿弥陀経』は問なくして、釈尊自身が自ら語られるので無問自説の経として随自意の経とされる。

随他意説

随自他意説