操作

この法…等し

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

ほうをききて…ひとし

 通常は「この法を聞きて歓喜し、心に信じて疑なければ、すみやかに無上道を成じ、もろもろの如来と等しからん」と読む。(信巻 P.237)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

『華厳経』の当分
聞此法歡喜 信心無疑者
この法を聞きて歓喜し、心に信じて疑なければ、
速成無上道 與諸如來等
すみやかに無上道を成じ、もろもろの如来と等しからん。
御開山の訓点
聞此法歡喜 信心無疑者
此の法を聞きて信心を歓喜して、疑い無き者は、
速成無上道 與諸如來等
速やかに無上道を成らん、諸の如來と等し。

如来の回向される信心を歓喜する意に転じられた。信心は如来からの賜りものである意を表すためこのように訓まれたのであろう。
なお、聞此法とは『華厳経』では善財童子所修行の菩提心であり、これを阿弥陀如来因位の法蔵菩薩の菩提心(本願)とし、これが私に於いては回向された願作仏心であり、還相の度衆生心を内に含んでいるご信心(横超の菩提心)なのである。

如来とひとし