十劫正覚の…

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

じっこうしょうがくの…

 時宗等の影響を受けた十劫秘事(十劫安心)の異義に対する批判。十劫のむかし阿弥陀仏が正覚成就し、衆生の往生を定められたと知ることを信であると主張するのは、自力雑行(ぞうぎょう)をすてて他力をたのむ廃立(はいりゅう)の信心が欠けていると批判されている。 (御文章 P.1102, P.1126, P.1148)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。