十劫安心

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

じっこう-あんじん

 安心とは、心を一つ処に安置して不動なこと。
十劫とは、『大経』に、

阿難、また問ひたてまつる、「その仏、成道したまひしよりこのかた、いくばくの時を経たまへりとやせん」と。
仏のたまはく、「成仏よりこのかた、おほよそ十劫を()たまへり。」(大経 P.28)

とあり、阿弥陀仏が十劫のむかし正覚を成就し、衆生の往生を定められたとことをいう。十劫安心とは、この十劫の昔に阿弥陀仏は正覚を成就されたのであるから、その時に衆生の往生は決定しており、これを知ることを信心であるといふ理解を指す。
西山派の影響が強いとされる『安心決定鈔』に、

念仏といふは、かならずしも口に南無阿弥陀仏ととなふるのみにあらず、阿弥陀仏の功徳、われらが南無の機において十劫正覚の刹那より成じいりたまひけるものを、といふ信心のおこるを念仏といふなり。 (安心決定 P.1392)

とある「十劫正覚の刹那より成じいりたまひけるもの」の意を誤解して浄土真宗の信心と混同することを、「十劫安心」といい正当な浄土真宗のご信心ではないとする。
蓮如さんは、

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。『安心決定鈔』のこと、四十余年があひだ御覧候へども、御覧じあかぬと仰せられ候ふ。また、金(こがね)をほりいだすやうなる聖教なりと仰せられ候ふ。(一代記 P.1313)

と、『安心決定鈔』を「金をほりいだすやうなる聖教なり」とまでいわれ「機法一体」の法語も『安心決定鈔』に依られたのだが、決して阿弥陀仏の正覚と衆生の往生決定を同値する「往生正覚一体」の論理による信心とはいわれなかった。かえって、

「十劫正覚のはじめより、われらが往生を定めたまへる弥陀の御恩をわすれぬが信心ぞ」といへり。これおほきなるあやまりなり。そも弥陀如来の正覚を成りたまへるいはれをしりたりといふとも、われらが往生すべき他力の信心といふいはれをしらずは、いたづらごとなり。(御文章 P.1102)

といわれて、仏願の生起が本末として動的にただ今の私にはたらいている本願招喚の勅命信順するご信心を強調されたのである。
稲城選恵和上は、

十劫安心というのも、現在でも、すでにたすかっていることの自覚が信心であるという領解を時々耳にすることがあるが、この考え方と共通するもので、十劫の昔に阿弥陀仏が正覚成就したとき、その時、すでにたすかっているというのである。ただ今までそれを知らなかっただけである。このような解釈は一遍上人の系統にあるようである。 一遍上人の法語にある「信不信を論ぜず」という言葉を誤解すると、全く十劫安心となる。
例えば、ペニシリンの注射をすると、肺炎が治るといわれるが、これを知っているからといってそのまま肺炎の病気が治るということはない。それゆえ、蓮師は、「されば十劫正覚のはじめよりわれらが往生をさだめたまへることをしりたりといふとも、われらが往生すべき信心のいはれをよくしらずば極楽には往生すべからざるなり」(御文章 P.1126)といわれるのである。

といわれていた。
御開山の示された信とは、過去の獲信の記憶を回想するのではなく、未来を妄想することでもなく、現在ただいま届いている「仏願の生起本末」の仏勅を聞信することであったからである。浄土真宗の先達は「聞即信」ということを示して下さったのも、観念的な心に思い描く信心ではなく、なんまんだぶと称えなんまんだぶと聞える名号法による済度をいうのであった。第十八願の「乃至十念。若不生者 不取正覚(乃至十念せん。もし生ぜずは、正覚を取らじ)」である。