末法

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

まっぽう

  (しょう)(ぞう)(まつ)の三時の一。像法のあと、一万年つづくという。教(仏の教法)のみあって行(実践)と(さとり)のない仏教衰微の時代。なお末法を過ぎて教法(きょうぼう)もなくなる時代を法滅(ほうめつ)という。道綽(どうしゃく)禅師(ぜんじ)は、今時末法という自覚に立って、末法に生きる凡夫(ぼんぶ)の救いを説くのが他力浄土の教であると規定された。以来浄土の教法は、末法には滅亡していく自力聖道(しょうどう)の教に対して末法相応の教として確立されていった。→三時(さんじ)、正法(しょうぼう)、像法(ぞうほう)。


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。