操作

元仁元年

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

げんにんがんねん

 1224年。親鸞聖人五十二歳。一般にはこの年が本書の撰述年代とされる。(化巻 P.417)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

元仁は、貞応3年11月20日に元仁に改元したので執筆年代が元仁とは理解しがたい。御開山は当事関東に居られたので、京都での改元を関東におられた御開山が改元を知られたのは20日ほど経過してからであろう。このことから『教行証文類』の執筆時を元仁元年とされたのではなく、『延暦寺奏状』の出された貞応三年五月〔改元して元仁元年〕を基準年として末法の時代を考察されたのであろう(化巻 P.417)。御開山は、改元後の年号を使われるのが通例であった。次下に延暦寺の開山である最澄の『末法灯明記』を引文され、この奏状にある「諸教修行を捨てて専念弥陀仏が廣行流布す時節の未だ至らざる事」への反論として、正・像・末の時代判定の考証とされていることは明らかであろう。そのような意味において、しばしば繰り返される念仏弾圧に対して正面から反論する書が『顕浄土真実教行証文類』であった。