操作

汝若不能念

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

にょにゃくふのうねん

 「汝若不能念者 応称無量寿仏」(なんぢもし念ずるあたはずは、まさに無量寿仏を称すべし)  (唯信鈔 P.1350,唯文 P.716)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

『観経』「下品下生」段には、五逆十悪を作った悪人について、

如此愚人 臨命終時 遇善知識 種種安慰 為説妙法 教令念仏。
かくのごときの愚人、命終らんとするときに臨みて、善知識の種々に安慰して、ために妙法を説き、教へて念仏せしむるに遇はん。
此人苦逼 不遑念仏。
この人、苦に逼められて念仏するに遑あらず。
善友告言 汝若不能念者 応称無量寿仏。
善友、告げていはく、〈なんぢもし念ずるあたはずは、まさに無量寿仏〔の名〕を称すべし〉と。
如是 至心令声不絶 具足十念 称南無阿弥陀仏。
かくのごとく心を至して、声をして絶えざらしめて、十念を具足して南無阿弥陀仏と称せしむ。
称仏名故 於念念中 除八十億劫生死之罪。
仏名を称するがゆゑに、念々のなかにおいて八十億劫の生死の罪を除く。
命終之時 見金蓮華 猶如日輪 住其人前。
命終るとき金蓮華を見るに、なほ日輪のごとくしてその人の前に住せん。
如一念頃 即得往生極楽世界。於蓮華中 満十二大劫 蓮華方開。
一念のあひだのごとくにすなはち極楽世界に往生することを得。蓮華のなかにして十二大劫を満てて、蓮華まさに開く。(観経 P.115)

とある。