操作

トーク

正定聚

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

 正定聚とは、必ずさとりを開いて仏になることが(まさ)しくまっているともがら()のこと。一般には菩薩五十二位の修道階位の「十信」「十住」「十行」「十回向」「十地」のうちの十地の初地である歓喜地を正定聚という。
以下の画像は『菩薩瓔珞本業経』の菩薩の五十二位説を示す。

『菩薩瓔珞本業経』の菩薩の階位

正定聚とは、聖道門仏教では上述のように菩薩の修道の階位を表していた。この正定聚邪定聚不定聚の三定聚説を示す語を、御開山は、真仮分判の名目として転用して用いられた。つまり「第十八願」の行信に心が定まっている「弘願」の「」を正定聚、「第十九願」の「要門」の法義である諸行往生自力の行信に定まっている邪定聚とされた。そして「第二十願」の自力念仏の「真門」を行じているを、正定聚へ転入するか邪定聚へ退転するか定まっていないから不定聚とよばれた。称えている法(なんまんだぶ)は真なのだが行じている機が仮(自力)であるから不定になるのである。→「願海真仮論
この正定聚の意を、『一念多念証文』で、

この二尊の御のりをみたてまつるに、「すなはち往生す」とのたまへるは、正定聚の位に定まるを「不退転に住す」とはのたまへるなり。この位に定まりぬれば、かならず無上大涅槃にいたるべき身となるがゆゑに、「等正覚を成る」とも説き、「阿毘跋致にいたる」とも、「阿惟越致にいたる」とも説きたまふ。「即時入必定」とも申すなり。 (一多 P.680)

と、浄土真宗に於ける正定聚のことを不退転とも、等正覚とも、阿毘跋致とも、阿惟越致とも、必定ともいうと正定聚の異名を挙げておられた。→便同弥勒