体失不体失の往生の事

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

たいしつ ふたいしつ おうじょう のこと

 体失往生、つまり、身体が滅びて初めて往生する(臨終業成(りんじゅうごうじよう))のか、不体失往生、つまり、身体が滅ばなくても信心獲得(ぎゃくとく)のとき浄土に生まれることが確定する(平生(へいぜい)業成)のか、という問題についての論議。(口伝鈔 P.896


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。