補註10

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索
Dharma wheel

補  註

阿弥陀仏
往生・真実証・浄土
機・衆生
具縛の凡愚・屠沽の下類
業・宿業
正定聚
信の一念・聞
真実教
旃陀羅
大行・真実行
大信・真実信
他力・本願力回向
同朋・同行
女人・根欠・五障三従
方便・隠顕
菩薩
本願

10 大行・真実行

 大行とは、第十七願に誓われた諸仏讃嘆(さんだん)名号(みょうごう)をいう。大行の大には大、多、勝の三義がある。すなわち広大、多量、最勝の意味で、行の徳用(とくゆう)を表している。「行巻(ぎょうかん)」に大行と名づけられる理由を明かして、「もろもろの善法(ぜんぽう)を摂し、もろもろの徳本を具せり」といわれたのは無量の徳で多の義にあたり、「極速円満す」は勝れた用徳(ゆうとく)で勝の義、「真如(しんにょ)一実の功徳宝海なり」は広大無辺な真如にかなう性徳(しょうとく)で、大の義にあたるといえよう。

 行とは、一般に教・行・証という場合の行は、梵語のチャリヤー(caryā)の漢訳で、菩提、涅槃に至るための行為を意味する。『唯信鈔(ゆいしんしょう)文意(もんい)』には「行」の字に左訓(さくん)して「おこなふとまうすなり」といわれている。

 このように大行とは、真如にかない、無量の徳をもち、衆生(しゅじょう)をすみやかに涅槃に至らしめるすぐれた行業(ぎょうごう)(おこない)のことである。それゆえ「真実行」ともいわれるのである。

 「行巻」の出体(しゅったい)出願(しゅつがん)の釈に、「大行とはすなはち無碍(むげ)(こう)如来(にょらい)(みな)を称するなり」と行体を指定されている。これは『論註』(下)の起観(きかん)生信(しょうしん)章の名号破満の釈によられたもので、名義(みょうぎ)にかなわない自力の念仏に対して、無碍光如来の光明(こうみょう)智相にかない、名義と相応している如実行であることを顕すためである。

その名義である光明智相とは、衆生の無明(むみょう)を破り、往生成仏の志願を満たす力用(りきゆう)をもつ名号であるということで、この名号のもつ破闇満願の力用こそ衆生を涅槃に進趣せしめる行としての徳義である。

 「無碍光如来の名を称するなり」と行体を指して称名を大行であるといわれているが、称えたはたらきによって行となるのではなく、称えられている名号に大行としての徳をもち、この名義にかなって称えているから称名また大行といわれる徳があると、能所(のうじょ)不二(ふに)の大行の義趣を示されたのが出体出願の釈である。

 もともと、信心、称名といっても名号の活動相のほかになく、衆生は、称えているまま能称を忘れて無碍光如来の名義を聞き、本願招喚(しょうかん)の勅命(ちょくめい)聞信(もんしん)しているのである。それを「称名即名号」、「信心即名号」、「称名即信心」といい、このように信心、称名の全体が名号大行の活動相であるというのが「行巻」のあらわすところである。「信巻(しんかん)」は、この法体(ほったい)大行が衆生の上にとどいて大信(だいしん)となり、衆生の往生成仏の正因(しょういん)となっていくという機受の要義を顕すのであって、行と信は、法と機の関係にあるのである。

 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。