操作

いぎょう

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

易行

 修しやすい行法。難行に対する語。阿弥陀仏本願を信じて念仏すること。→難行

~道(どう)

 阿弥陀仏の本願力によって浄土往生してさとりをひらく他力の道。→難行道(なんぎょうどう)。

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

八宗の祖とされる龍樹菩薩の『十住毘婆沙論』「易行品」には、

仏法に無量の門あり。世間の道に難あり易あり。陸道の歩行はすなはち苦しく、水道の乗船はすなはち楽しきがごとし。菩薩の道もまたかくのごとし。あるいは勤行精進のものあり、あるいは信方便易行をもつて疾く阿惟越致に至るものあり。 (十住毘婆沙論 P.6)

と乗船譬喩をあげ、信心方途とする阿毘跋致(=必定=不退転正定聚) として仏陀の〔さとり〕に至ることが確定される阿惟越致の道を示されていた。この信方便の「易行」が『大経』の「易往而無人 (往き易くして人なし)」(大経 P.54) の「易往」と通底するから、「易行道」とされたのであろう。
この意を承けて曇鸞大師は『論註』で『十住毘婆沙論』を引き、

「難行道」とは、いはく、五濁の世、無仏の時において阿毘跋致を求むるを難となす。この難にすなはち多途あり。ほぼ五三をいひて、もつて義の意を示さん。
{─中略─}
五にはただこれ自力にして他力の持(たも)つなし。(浄土論註P.47)

と、他力(=本願力)による往生浄土の法門を明かされた。本来ならば『無量寿経』は、仏教徒としての我々の行うべき行業を、大乗菩薩の本願としての実践を、法蔵菩薩に託して大乗菩薩道の実践を示し説く経典であった。しかし、曇鸞大師は、そこ(無量寿経)に説かれる「本願」こそが大乗の『無量寿経』の本意であると洞察されたのであった。
これが、『十住毘婆沙論』に説かれた「易行道」を、

「易行道」とは、いはく、ただ信仏の因縁をもつて浄土に生ぜんと願ずれば、仏願力に乗じて、すなはちかの清浄の土に往生を得、仏力住持して、すなはち大乗正定の聚に入る。正定はすなはちこれ阿毘跋致なり。(浄土論註P.47)

という、本願力(利他力)に乗託して浄土へ往生して仏果を証する仏教であった。道綽禅師はこの意を承けて、

第五にまた問ひていはく、一切衆生みな仏性あり。 遠劫よりこのかた多仏に値ひたてまつるべし。 なにによりてかいまに至るまで、なほみづから生死輪廻して火宅を出でざる。
答へていはく、大乗の聖教によるに、まことに二種の勝法を得て、もつて生死を排はざるによる。 ここをもつて火宅を出でず。 何者をか二となす。 一にはいはく聖道、二にはいはく往生浄土なり。(安楽集 P.241)

と、聖道門浄土門というふたつの仏教があると分判されたのであった。法然聖人は、自己の宗教的実存を善導大師にゆだね偏依善導(ひとえに善導に依る)として『観経疏』の「順彼仏願故」(法然聖人の回心) の文によって回心されたのは有名である。その論理的根拠は『選択本願念仏集』の冒頭の「二問章」で引用する道綽禅師の示された、

道綽禅師、聖道・浄土の二門を立てて、聖道を捨ててまさしく浄土に帰 する文。

以下の文にあることはあきらかである。

その聖道の一種は、今の時証しがたし。 一には大聖(釈尊)を去ること遥遠なるによる。 二には理は深く解は微なるによる。(選択集(P.1183)

という末法思想によられて、道綽禅師から六百年後に聖道門と浄土門の二門の仏教をあかされたのであった。
これが法然聖人の説き示された往生浄土の浄土仏教であった。

ともあれ浄土教は「易往而無人」として、選択本願阿弥陀仏本願力によるから、なんまんだぶを称えて浄土に往生することは容易であるが、自力の心を捨てて阿弥陀仏の本願力を真に受容して、浄土に往生する人は稀(まれ)であるという意である。

 聖道門仏教は行じて証する「易信難行(信じやすいが難行)」であるが、浄土門仏教は「易往難信(往きやすいが信じ難い)」の仏智不思議の往生浄土の法門であった。行じて現世で「証(あかし)」するという仏教に対して、「ただ信仏の因縁をもつて浄土に生ぜんと願ず」る、信じて「証」する法義が往生浄土の浄土門の仏教であった。100年考えても死ぬとしか思えない事象を往生(往(ゆ)き生まれる)というがゆえに難信の仏法であった。この意を『安楽集』では、

無量寿仏国は往き易く取り易くして、人、修行して往生することあたはず、かへつて九十五種の邪道に事ふ。(行巻 P.163)

とされていた。 法然聖人は「成仏、難しといえども往生は得易きなり」と往生と成仏の綱格の違いについて信方便易行の「信」と本願によっての往生を疑う「疑」の決判を述べておられたのであった。(*)
 それは人間として必然である死を、浄土往生として受け容れるか受け容れないかの信疑をせまるご法義であった。生きることに意味があるように、死ぬことにも意義を見出す仏教が往生浄土のご法義であった。これが御開山が示された、念仏成仏の仏陀のさとりを得る仏法として「本願を信じ念仏を申さば仏に成る」である念仏成仏の浄土真宗であった。易行にして難信の「易行」とはこの意味であった。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ