操作

不回向

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

ふえこう

 念仏以外の行は、浄土往生の因となるように願いをこめてふりむけねば往生行とならないが、本願の念仏は阿弥陀仏が往生行として選定されたものであるから、行者が回向する必要がないことをいう。親鸞聖人はその意をうけて、それは如来回向の行だからだとされた。


 【左訓】「行者の回向にあらずとしるべしとなり」(異本)(正像 P.607)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

法然聖人は『選択本願念仏集』で、

不回向回向対といふは、正助二行を修するものは、たとひ別に回向を用ゐざれども自然往生の業となる。(選択集(P.1197)

とされておられた。それは法然聖人の回心の原点となった『観経疏』「散善義」に説かれていた、

一心専念弥陀名号(いっしんせんねん-みだみょうごう) 行住坐臥(ぎょうじゅう-ざが) 不問時節久近(ふもん-じせつくごん) 念念不捨者(ねんねん-ふしゃしゃ) 是名正定之業(ぜみょう-しょうじょうしごう) 順彼仏願故(じゅんぴ-ぶつがんこ)
一心にもつぱら弥陀の名号を念じて、行住坐臥時節の久近を問はず念々に捨てざるもの、これを正定の業と名づく。かの仏の願に順ずるがゆゑに。(信巻で引文 P.221)

の、順彼仏願故(かの仏の願に順ずるがゆゑに)という仏の願に順ずるがであった。念仏は私の選びではなく、阿弥陀仏が本願(第十八願)に選択された行業であるから不回向なのであった。「故」の一字をよく味わうべきであろう。 →法然聖人の回心
御開山が「後序」で、法然聖人の許へ入られたことを、

しかるに愚禿釈の鸞、建仁辛酉の暦、雑行を棄てて本願に帰す。(化巻 P.472)

と、「雑行を棄てて本願に帰す」とされ、雑行を棄てて正行に帰す、ではなく本願に帰すとされた所以である。その本願に選択された行であるから「大行」なのであった。その大行を「行文類」で、

 あきらかに知んぬ、これ凡聖自力の行にあらず。ゆゑに不回向の行と名づくるなり。大小の聖人・重軽の悪人、みな同じく斉しく選択の大宝海に帰して念仏成仏すべし。(行巻 P.186)

と、不回向の「念仏成仏」の法といわれたのであった。

回向不回向対: 選択本願念仏集_(七祖)#P--1196 回不回向対: 顕浄土真実行文類#no98