無明

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

むみょう

 【左訓】「煩悩の王を無明といふなり」(異本)(浄土 P.572)

 梵語アヴィドヤー(avidyā)の漢訳。真理に暗く、道理事象を明らかに理解できない精神状態をいう。最も根本的な煩悩(ぼんのう)。迷いの根源。また浄土真宗では、本願を疑い仏智を明らかに信じないことを無明という場合もある。


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。


浄土真宗では、真如法性に背反する愚痴を痴無明とし、本願を疑うことを疑無明という。真如法性に背くことも本願に背くことも、どちらも人間の虚妄分別を基礎としているので本質的には同じとされる。

称名破満の釈義

オンライン版 仏教辞典より転送

無明

 avidyā (S)、漢語「無明」(むめい、明無し)は目が見えない意味。
 vidyā (S)は、「knowledge, learning, science, right knowledge」などと訳されているように、正しく知ることという意味の名詞である。その否定形であるから、正しく知ることができないという意味になる。その意味から、「本能」という解釈をすることもある。
 vidyāの本である動詞は√vidであり、「know, understand, learn, find out」である。

 仏教語としての無明(むみょう)は、人生や事物の真相に明らかでないこと。すべては無常であり固定的なものはなにもない(無我)という事実に無知なこと。この無明がもとで固執の念(我見)をおこし、さらに種々の煩悩の発生の元となる。

 迷いの根本で、愚癡(moha)とも言われ、貪欲瞋恚と合わせて三毒と言われる。
 また、十二因縁の第1支とされ、無明を縁として・…・老死諸法が生じ、無明が滅すれば、それらの諸法は滅するという。

初期仏教

無明こそ最大の汚れである。比丘たちよ、この汚れを捨てて、汚れなき者となれ。  法句経 243

倶舎論

無明とは能く真実の義を見るを障うるが故に称して瞑となす。    〔T29-161c〕

毘婆沙論

 無明について、不達(ふたつ)・不解(ふげ)・不了(ふりょう)と定義している。

瑜伽師地論

 諸々の事象を正しく了知しないことを無明とする。
 さらに「相応無明」と「独行無明」の2種を説く。相応無明は、貪など他の煩悩と結合するもの。独行無明(または不共(ふぐう)無明)は、他の煩悩と結合せず、ただ四諦などの道理を知らず愚闇なことをいう。

勝鬘経

 相応無明を四住地の煩悩とし、独行・不共無明を無始無明住地として一切煩悩の根本とみなした。

起信論

 起信論では、無明を根本と枝末の二つに分ける。法界の理に迷う元初の一念を根本無明と言い、根本無明によって三細六麁の惑業を起すのを枝末無明と言う。
 小乗仏教無明は、枝末無明に限っており、根本無明を問わない。真如を会せず、法執を断じないからである。

一法界に達せざるを以ての故に、心に相応せずして、忽然として念の起こるを名づけて無明となす。    〔T32-577c〕

大乗義章

癡闇之心體無慧明故。曰無明。〔T44 p.547a〕

 これから、無明の体は愚痴の煩悩である。愚痴であるから、一切の業煩悩を起こす。

摩訶止観

 中国の天台大師智顗摩訶止観 の中で、の3諦・3観に応じて見思(けんし)・塵沙(じんじゃ)・無明の三惑を立てている。