操作

七高僧

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

しちこうそう

 七祖ともいう。親鸞聖人が浄土教の祖師と定め尊崇されたインド・中国・日本の七人の高僧。
インドの龍樹(りゅうじゅ)菩薩・天親(てんじん)菩薩、中国の曇鸞(どんらん)大師・道綽(どうしゃく)禅師(ぜんじ)善導(ぜんどう)大師、日本の源信(げんしん)和尚(かしょう)源空(げんくう)(法然)上人をいう。 (御消息 P.746)

七高祖(しちこうそ)

 七高僧のこと。(一代記 P.1235)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

  1. 龍樹菩薩
  2. 天親菩薩
  3. 曇鸞大師
  4. 道綽禅師
  5. 善導大師
  6. 源信和尚
  7. 源空聖人