聞即信

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

もん-そく-しん

 浄土真宗における聞と信との関係のことで、聞くことがそのまま信心であり、聞のほかに信はないということ。 第十八願成就文に、

「その名号を聞きて、信心歓喜せんこと乃至一念せん(聞其名号、信心歓喜、乃至一念)」(大経 P.41)

とある中の「聞」と「信」について、親鸞は「信巻」に

「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。信心といふは、すなはち本願力回向の信心なり」(信巻 P.251)

と述べ、また『一多文意』に

「聞其名号といふは、本願の名号をきくとのたまへるなり。きくといふは、本願をききて疑ふこころなきを聞といふなり。またきくといふは、信心をあらはす御のりなり。信心歓喜乃至一念といふは、信心は、如来の御ちかひをききて疑ふこころのなきなり」(一多 P.678)

と述べている。→仏願の生起本末 (浄土真宗辞典より)

「聞即信」とは、法を聞き続けていけば、ある時突然(即)に信心が開け起こるという意味ではない。「きくといふは、本顧をききて疑ふこころなきを聞といふなり」とあるように、ただいま聞いている教法が、そのまま信であるような状態を表現する語である。「疑心あることなし(無有疑心)」とは疑い心があることが無いといふ、無い状態を示す意であり、疑わない心(不疑)がわたしに有るという意味ではない。
法然聖人は、聞其名号を釈して、

たれだれも、煩悩のうすくこきおもかへりみず、罪障のかろきおもきおもさたせず、ただくちにて南無阿弥陀仏ととなえば、こゑにつきて決定往生のおもひをなすべし、決定心をすなわち深心となづく。その信心を具しぬれば、決定して往生するなり。」(『西方指南抄』)

とされておられた。この「こゑにつきて決定往生のおもひをなすべ」とは、なんまんだぶと称えれば、なんまんだぶと聞える。この可聞可称の声を御開山は「本願招喚の勅命」とされたのであった。