操作

称名報恩

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

しょうみょう-ほうおん

 『大経』第十八願には、信心と称名念仏とが誓われているが、信心こそが往生成仏の正因であるから、称名念仏は行者の心持ちからいえば阿弥陀仏に摂取された感謝の思いの中で名号が声となってあらわれ出たものであるということ。 『正信偈』に、

ただよくつねに如来の号を称して、大悲弘誓の恩を報ずべしといへり。(行巻 P.205)

『化身土文類』には、

ここに久しく願海に入りて、深く仏恩を知れり。至徳を報謝せんがために、真宗の簡要を摭うて、恒常に不可思議の徳海を称念す。(化巻 P.413)

等とある。また、称名正因などの異安心に対して、安心論題に「称名報恩」が設けられている。 →信心正因(浄土真宗辞典)

「称名報恩」説は、信心正因説と組み合った時に称名は二次的に受け取られることもある。

御開山は『尊号真像銘文』で、智栄の善導大師の徳をほめる讃を引かれ、

「称仏六字」といふは、南無阿弥陀仏の六字をとなふるとなり。「即嘆仏」といふは、すなはち南無阿弥陀仏をとなふるは仏をほめたてまつるになるとなり。また「即懺悔」といふは、南無阿弥陀仏をとなふるは、すなはち無始よりこのかたの罪業を懺悔するになると申すなり。(尊号 P.655)

ということを教えて下さった。なんまんだぶを称えることは、阿弥陀仏を讃嘆することになり無始已来の罪業を懺悔することになるとされるのである。阿弥陀如来の仏徳は窺うすべもないはかりしれない徳である。しかし「名号をとなふるはすなはち浄土を荘厳するになるとしるべしとなりと」ともされておられた。その真実信心の称名を『一念多念証文』では、

「称」は御なをとなふるとなり、また称ははかりといふこころなり、はかりといふはもののほどを定むることなり。名号を称すること、十声(とこえ)一声(ひとこえ) きくひと、疑ふこころ一念もなければ、実報土へ生ると申すこころなり。 (一多 P.694)

とされておられた。称えて聞く〔なんまんだぶ〕は、まるで天秤ばかり(秤は称の俗字)にかけられたように仏徳に等しい「如実修行相応」の讃嘆行になるのであった。真実行である「大行」である所以である。

信因称報説は、覚如上人が強調したのだが当時優勢であった多念の称名を強調する鎮西浄土宗に対抗する為の信の一念を強調する論理であった。この意を正確に把握しないと御開山が示された行信不離というご法義を誤解することになる。たしかに信心正因は御開山のお示しであるが、何を信ずるかといえば、なんまんだぶの名号法である。→名体不二
その意を御開山は『御消息』で、

弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じてとなふるがめでたきことにて候ふなり。信心ありとも、名号をとなへざらんは詮なく候ふ。また一向名号をとなふとも、信心あさくは往生しがたく候ふ。されば、念仏往生とふかく信じて、しかも名号をとなへんずるは、疑なき報土の往生にてあるべく候ふなり。(消息 P.785)

といわれておられた。

法然聖人は、

又云、一念・十念にて往生すといへばとて、念仏を疎相に申せば、信が行をさまたぐる也。念念不捨といへばとて、一念・十念を不定におもへば、行が信をさまたぐる也。かるがゆへに信をは一念にむまるととりて、行をは一形にはげむべし。
又云、一念を不定におもふものは、念念の念仏ごとに不信の念仏になる也。そのゆへは、阿弥陀仏は、一念に一度の往生をあてをき給へる願なれば、念念ごとに往生の業となる也。(『和語灯録』禅勝房にしめす御詞)

といわれていた。
その意味において「信心正因 称名報恩」の術語を誤解することは「信が行をさまたぐる」のであり、御開山の正確な意では「称名業因」「称名讃嘆」というべきであろう。ともあれ、「信心正因 称名報恩」の語に拘泥して、ありもしない称名抜きの信心を門徒に説かざるをえない真宗の坊さんは可哀想ではある。
という訳で、信因称報説を強調する為とはいえ、これはアカンやろと思ふこともある。→鏡御影の讃
本願の名号は正定の業(本願の名号は、正しく往生の決定する行業である)である。これを受け容れたことを信心正因というのであった。信心の対象は、なんまんだぶという耳に聞こえる阿弥陀仏の招喚なのであった。→信心正因


称名
名体不二
名号度生
念仏成仏
誓願一仏乗
信心正因
安心論題/称名報恩
安心論題/念仏為本
安心論題/所帰人法
  • 御開山のご影は珠数を持ち南無阿弥陀仏を称えている姿である。
鏡のご影 熊皮のご影 安城のご影
K-goei.jpg
Kumagawa goei.jpg
Anjyo.jpg